So-net無料ブログ作成
Unit 2 英語プレゼン技術 ブログトップ
前の10件 | -

Hook 'em (つかめ)! [Unit 2 英語プレゼン技術]

boat fishing

Unit 2-8 Hook 'em (つかめ)!
r130424u0208a047

Pollution. Deforestation. Wildlife trade.
The aspirations
of more than one billion people.
These are some of the critical issues
that India grapples with every day.
(公害、森林伐採、野生生物取引。
10億人を越える人々の抱負。
これらはインドが毎日取っ組み合いをする
避けては通れない問題のいくつかだ。)

WWF for a living planet より。

この文章は見事な「つかみ」(hook) となっている。

プレゼンにおいて第一声は誰もが注目するもの。

Pollution. Deforestation. Wildlife trade.
The aspirations of more than one billion people.

小刻みに、テンポ良く、まるで音楽を奏でるように言葉を並べ、プレゼンをはじめる。
聴衆のこころをつかむ。


→ 記事全文を読む



共通テーマ:学問

関係代名詞と前置詞を使いこなす [Unit 2 英語プレゼン技術]


Curry_powder1
Originally uploaded
by angelcream11233
Unit 2-10 関係代名詞と前置詞を使いこなす

curry contains
a powerful substance
that might protect the brain from damage
that leads to Alzheimer's.
(カレーは含む
強力な物質
損傷から脳を守るかもしれない
アルツハイマー型認知症を引き起こす損傷から)

USA Today より。

(前回のつづき )

turmeric       → curcumin
(ターメリック=うこん) (クルクミン)

と的を絞ってゆく(USA Today)。

この大から小へ、方向性から具体案へ、
キーワードからその詳細へ、と向かう力学、
英語プレゼンのスピーチではそういう形/流れによく出会う。
これは非常に英語的な力学。

→ 記事全文を読む

追記 2012年12月31日〕

この記事を執筆した当時(2009年10月15日)、ぼくはまだカレーを健康食だと信じてました。
カレーは健康食ではありません。上の写真を撮影した人のコメントにあるように、
スパイスから厳選し、油を使わず調理するなら、そのカレーはおそらく健康食です
(インドの「カレー」と日本の「カレー」は意味が違う)。



共通テーマ:仕事

Thesis 1 [Unit 2 英語プレゼン技術]


How Dogs Work
Originally uploaded by [ lee ]
Unit2-1 Thesis 1
r111001u0201a114

My motivation is entirely different, 
depending upon whether
there is any incentive or not. 

(インセンティブがあるかないかで、
やる気が全然違ってくる)

MBA速読英語マーケティング (p. 183) より。

今日は “There is / are 〜” を復習しよう。 

英語でプレゼンテーションをするにあたって 
最も大切な要素は Thesis (Statement) である。

What’s your point?
(何が言いたいの?) という問いに対する答えだ。

実際、聞かれる前にそれを言うのがルール。まず、結論を言ってから、話をふくらませる。 

英語でプレゼンするなら覚えておいた方が良い。

そこで役に立つフレーズは “There are ” (〜がある)。

There are three powerful incentives
to buy this product.
(この製品を買うように誘う三つの強力なインセンティブがある。)

Sales Promotion(販売促進)のプレゼンをする場合、
Thesis Statementは上のような感じになる。

より良い形は、コロン ( : ) を使って、
「三つの強力なインセンティブ」を言う。

There are three powerful incentives to buy this product:
premiums, rebates, and free samples.

そして、それぞれのインセンティブ (景品、リベート、無料サンプル) について詳しく述べる。

大切なことは、Be specific!(具体的に!)

世界へ羽ばたく日本のビジネスマンよ、Put your best foot forward!(がんばれ!)

 つづく 




共通テーマ:仕事

Thesis 2 [Unit 2 英語プレゼン技術]

Unit2-2 Thesis 2
r111001u0202a115

There are
two reasons
why I’m looking at you like this.
One, because it seems,
in a few minutes,
that you will officially be
the only survivor
of this train wreck.
And two, because you didn’t break a bone.
You don’t have a scratch on you.
(私があなたを見つめている理由は2つ。
1つ。たぶん数分後にあなたは唯一の生存者となるから。
2つ。あなたが無傷だから。かすり傷ひとつない。)

Unbreakable(2000)
より。

( 前回のつづき )

前回のコラムで Thesis はプレゼンにおいて 最も大切な要素であると述べた。

また、Thesis Statementの基本中の基本として、
There are 〜”(〜がある)を使いこなすことが大切だと。

上のセリフはもうひとつの例である。 形を覚えておこう。 例えば次のように使える。

There are two reasons why you could use this product in your factory.
One, because... Two, because...
(あなたの工場でこの製品が役に立つ理由が2つあります。 1つ... 2つ...)

実にシンプル。 でも、効果的。

つづく




共通テーマ:仕事

Thesis 3 [Unit 2 英語プレゼン技術]

Unit2-3 Thesis 3

( 前回のつづき )

とにかく強力なThesis Statementを作ること。
もう少し例をあげておこう。

The process of developing a marketing strategy
follows three steps:
(1)
marketing environment analysis,
(2) target market selection,
and (3) marketing mix optimization.
(マーケティング上の戦略策定に必要なプロセスでは、
以下の3つの手順を踏むことになります。
(1)
マーケティング環境分析、
(2)標的市場の選定、
(3)マーケティングミックスの最適化。)

MBA速読英語マーケティング (p. 183) から。

英語プレゼンにおいて「3」という数字は大切。英語プレゼンだけでなく、西欧文化においてそうだ。

長い年月にわたってキリスト教文明に深く培われてきた文化、
In the name of the Father, the Son, and the Holy Spirit
(父と、子と、聖霊の御名によって)と今でも全世界で唱えられている。

ビジネスの場でそういう宗教的な話題を持ち出すのはタブーだけど、
相手の背景(background)を知っておくことは配慮(思いやり)につながる。

日本文化に造詣が深い外国人ビジネスマンに一目おくように、相手のことを理解する努力は実を結ぶ

つづく




共通テーマ:仕事

Thesis 4 [Unit 2 英語プレゼン技術]

Unit 2-4 Thesis 4

英会話上達の法則

同じような場面 (situation) を幾度となく繰り返す 
とその場面で使う表現が定着する。

例えば、スーパーのレジで精算する場面とか、
買い物するたびに同じ表現を使う。

どこのスーパーでも、誰がレジ係でも、大体同じ会話になる。
だから、しつこいようだけど、英語プレゼンの第一のコツ、
強力なThesis Statementを作る、を学んでもらうため、
もひとつ、例文をいってみよう。

( 前回のつづき )

General marketing process is divided into the three procedures of
A)
Environment Analysis,
B) Market Targeting,
and C) Marketing mix optimization.
(一般的なマーケティングプロセスは、
A) 環境分析、
B) 標的市場の選定、
C) マーケティング・ミックスの最適化という3段階の手順を踏む。)

MBA速読英語 (pp.18-19)より。

これもグローバルタスクフォース著の本から。表紙もタイトルもそっくりで紛らわしいけど、別の本。
前回の例文とそっくりでしょ。まったく同じ内容。でも、使っているフレーズが違う。

このように同じことを違う文章構成や単語・フレーズでいくつか言えるようになったら
君の英語力はかなりのものだ。

ちなみに、threeの前にtheがついているのは
後に of が来てその目的語として A, B, Cと三つの名詞を持ってきているから。

the をつけないスタイルをとりたい場合は前回のようにコロン(:)を使う。

General marketing process is divided into three procedures: A, B, and C.

人生いろいろ、英語もいろいろ 

( つづく )

 




共通テーマ:仕事

Thesis 5 [Unit 2 英語プレゼン技術]

Unit2-5 Thesis 5

( 前回のつづき )

強力なThesis Statement の好例

In order to maintain customer satisfaction, 
there are three important points.
First: product performance.
Second: Price.
Third: Lead time.
(顧客満足を維持するため押さえておきたい
3つの重要なポイントがある。
1. 商品力
2. 設定価格
3. リードタイム(注文から発注までにかかる時間)

When we miss even one point of them, 

it might be cause of failure of a business.
I'm deeply in charge of the third point: Leadtime.
Therefore, I'd like to consider how we can meet our customer's request delivery date.
(無訂正)

ある生徒さんが一番乗りでHomeworkを提出。偉い!
それにしても彼女はどうやってあそこまで英会話力をつけたのだろう?
 
さて、彼女がつくったThesis Statementだが、ほぼ完璧。

渡されたとき、流し読みしてひとつだけ訂正したのが、 deeply in charge of のところ。
deeply と in charge of の相性が良くない。

deeply involved with とするか deeply をはずして in charge of だけにするか。
in charge of は「〜を担当する、責任がある」という意味だから、
「程度」を表す形容詞とはあまり相性がよくない。 担当しているか、していないか。

でも、なんらかの理由で、ファジーに担当しているのかどうかよくわからないときは
I'm kind of in charge of ~ と kind of や (同じ意味の) sort of を使う。
ただし、これは an informal expression(くだけた表現)。

逆に、任せられているとはっきりしているときは I'm in charge of ~ と言えばきっちり伝わる。
I'm responsible for ~ でもよい。

そして、最後のフレーズ our customer's request delivery date は、
前置詞一個付け加えて、our customer's request on delivery dateとしたい。
on には「〜に関する」という意味がある。

また、(これは表現的なことになるけど) one point of them を
one of those three points とか one of the points とかするとより英語的かな。

でも、ぼくは日本語的英語も悪くないと思う。 その人の個性のひとつだから。
映画やTVドラマでもあるよね。

完璧な英語を話せる日系3世や4世の俳優がわざとブロークンイングリッシュを話すキャラを演じること
(ぼくが尊敬するあの人は標準語と熊本弁を完璧に使いこなす)。

大切なのは、伝えたいって気持ち。 誠意 (sincerity) は世界共通語。

つづく

 


構造美 [Unit 2 英語プレゼン技術]


Originally uploaded by pinkazalea09
Unit2-6 構造美

People, when we look
at a tree from below…
we see bunches of leaves… 
without composition,
without organization…
randomly spread
all over the branches… 
but nothing in nature is random. 
From above, we can see that
each leaf has chosen… 
the absolute perfect position on the tree… 
to gain exposure to sunlight. 
(下から木を見るとたくさんの葉が見える。一見構成も秩序もなくて でたらめに生えたように。
だが自然にでたらめなものはない。
上から見てみると、それぞれの葉は日が当たる場所にちゃんと位置してる。) 


Jazz は科学的な構造(コード進行)の上を
縦横無尽に音粒が飛び跳ねる。

自由(アドリブ)は、でたらめではない
しっかりとした土台(ベース)の上に成り立つ。

英語プレゼンテーションも似ている。
アドリブを楽しめるようになればたいしたもの。

クリエイティブな人間は、しばしば、 'predictability' (予定調和)を嫌う。

驚き (surprises) = 刺激がないのは退屈だ、と。

同時に、痛いほど知っているのは基礎(英語力、技術力、人間的魅力等)の重み。

強度のあるプレゼンには構造計算が必要。骨組みをしっかり設計し、その上に飾り「建てる」。

自然 (nature)は究極の構造美を示す。「自然」は無秩序ではない。計算し尽くされた骨組みがある。
それを無視すると痛い目に合う。わがままが自分たちにはねかえって来る。

完成度の高いプレゼンテーションには、 「自然」な、
'the beauty of organization'(構造美)がある。 

山から川の水が海へ流れるように、起点と終点、そしてその間のドラマがある。




共通テーマ:学問

英語プレゼン技術: 比較 [Unit 2 英語プレゼン技術]

Unit2-7 Comparison

The dishes are chosen
so they learn three core principles.
Preparation, cookery and presentation.
(教材は料理の3大要素を学ぶため選ばれる。
仕込み、調理、そして盛り付けだ。)

Jamie’s Kitchen(英人気TV番組) より。

 ( 前回のつづき )

プレゼンでは聴衆の興味を引くだけでなく、
維持 (maintain) しなければならない。

そのテクニックとして、 「わかりやすさ度」を増す Comparison (比較)というものがある。
2つのものを比較する。

例えば、プレゼンテーションと料理を比較してみよう。

まず、素材 (ingredients / material)。 良い素材がどこにあるかを知っていること。
リサーチ能力、コネクション、選美眼などが決め手となる。

次に調味料 (seasonings)。 どういう風味 (flavour) にしたいのか。
そこには展望 (vision) がなくてはならない。
最終的にどう仕上げたいのかを見る。

そして調理の技術 (technique / engineering)。
例えば、超正確に揃える切り方 (high precision cuts) で
絶妙な食感 (texture/mouthfeel) を伝える。

こういうワザは日々の努力以外身に付ける方法はない。
英語プレゼンテーションにもそれは当てはまる。

最後に盛り付け (presentation)。これで料理は芸術の域に達する。
食欲 (appetitie) をそそるのも盛り付けが大きな役割を演じる。

日本料理はその点、凄い。ごちゃごちゃさせず、しかし、バラエティに富んでいる。 

英語とプレゼン技術をきちんと学べば、日本人はきっと、そういうプレゼンができるようになる 


共通テーマ:グルメ・料理

インドカラー [Unit 2 英語プレゼン技術]

The orange pigment in Turmeric
is called Curcumin
and it is this Curcumin
which produces
the Turmeric health benefits.
(ターメリックのオレンジ色素はクルクミンと呼ばれ
そしてこのクルクミンが、実は、
ターメリックの健康効果を生み出すのです。)

An Asian Food Journey より。

インドカラーって何だろう、
と考えたら、やっぱりこの色かなぁ。

インドの国旗はサフラン、白、緑。それぞれ、

national_flag
Originally uploaded by indusleo

勇気、平和、公正、
ヒンズー教、2つの宗教の調和、イスラム教、
など、奥が深い。

この国旗にも使われているサフラン、
インド料理店で出てくる
サフランライスでもおなじみの黄色い色。

でも、やっぱりカレーの色、うこん(=ターメリック)。
その色素クルクミンじゃないかなぁ、と思った。
濃厚な、オレンジがかった黄色。

関節炎などの炎症を抑え、がん細胞を自然消滅(apoptosis)させ、
アルツハイマー型認知症の原因物質(老人班)を除去したりするらしい
(しかし、効く「薬」は諸刃の剣。使い方を誤るとかえって健康を害するとも言われる。)

と、まぁインドカラーからクルクミンに来たわけだけど、英語スピーチと何の関係があるの?

それは明日。今日の英文をもう一度読んで、その強力は表現手法を感じ取ってみて  

つづく


( 前回 )


共通テーマ:仕事
前の10件 | - Unit 2 英語プレゼン技術 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。